プログラミングや資格を学んだら儲かるのか?

どうも、タロです

 

メルマガ読者さんから

「プログラミングで自由になれますか!?」っていう質問を受けたので、

答えていきたいと思います。

 

僕もプログラミングって言葉を聞くと

「何それ!超カッコイイじゃん!!」って

すごく思います。

 

昔の僕だったら、

普通に挑戦してたとも思います。

じゃあ、本題いきましょ

プログラムで自由になれるのか?

まず、プログラミングは儲かるのか?

 

「自由になれるかどうか?」ではなくて

「儲かるかどうか」

これについて話していきますね。

 

プログラミングは超稼げる!!と

僕は思ってました。

 

ホリエモンさんなんかも

プログラミングは勧めてるし、

 

YouTubeを見てるとよく

プログラミングの

オンラインコースの募集が出てます。

 

でも、ぶっちゃけ言うほど

儲かってなさそうです。(笑)

 

ちょっと調べた感じ

初心者が半年

で大体月30万~40万が相場だそうです。

 

この値段が高いか低いかは置いておきます。

自由になれるかどうか?ってのが本題なので、

 

そもそもビジネスモデルが

「プログラムを上げる。その代わりにお金を貰うってビジネスです。」

 

「時間と労働を使ってプログラムを作るわけです」

 

これって自分の労働力と

時間をお金に変えてる時点で

一生労働し続けないといけないです。

 

ひいこらひいこら言いながら、

毎日プログラムを作る。

 

バイトと違って、プログラムが欲しい人を

集めないといけないけど、

なかなかお客さんが集まらない

 

どうして?どうして?って

悩む未来が正直見えます。

 

プログラミングは労働です。

労働をしていたら、絶対自由になれません。

 

時間を取られちゃうんだから。

 

自由の世界を求めて、

プログラミングの世界に入ったのに、

現実は非情だった!!ってパターンになります

 

もちろんプログラミングが楽しそう!!

自分でプログラムを編み出したい。

だから、プログラミングをやるんだ!!

 

そういった考えをもってやることは

超歓迎します。

好きでやるんだったら、否定はしません。

 

だけど稼げてないのに、

好きなことで遊ぶのは贅沢じゃない!?

稼げてからやれば!!って思います

 

プログラミングからは

資格と同じようなカッコイイんだけど、

稼げないビジネスの臭いがプンプンします

資格を取ったら儲かるの!?

プログラミングと関係してきたので、

資格について詳しく語っていきます。

 

ぶっちゃけ資格は一般人が思ってるほど

お金持ちにはなれません。

 

僕が英語系の資格を持っている人の

話を聞いたら、

全く収入が上がらず伸び悩んでるそうです。

 

そもそも論ですけど、資格で

儲けようとするのは大間違いです。

 

完全に常識に騙されてます。

 

じゃあ、なぜその「常識」ができたかというと

資格の専門学校のCMが量産されているからです。

 

今YouTube見てたら、

「IT」の「スキルUP」って

CMが流れてきました(笑)話を戻して

 

専門職の中でも、

めちゃくちゃ儲かるって言われてるのが、

「弁護士」ですね。

 

じゃあ、弁護士って儲かってるでしょうか?

 

絶対儲からないってないでしょ。

コスパ悪すぎワロタ。

 

これが僕の素直な感想です。

 

弁護士の平均年収って650万円だそうですよ。

月54万ですね。

 

ええええええマジかよ!!少な!

 

さらに

このうち2割の弁護士って

年収100万言ってないって言うね。

 

100万ならバイトでOKじゃん。

 

さらに、弁護士でやっていくには

弁護士会ってやつに年間100万払わないといけません。

 

実質平均年収550万

 

良いじゃん!それでって

思う人いるかもしれないですけど、

そんなわけありません。

 

だって、大学受験に3年ぐらい使って、

超難しい法学部に行き、

そこから朝から晩まで勉強して

ようやく合格した結果が550万ですよ

 

人生の七年を勉強でなくして、

550万の給料って、、

 

法学部の人ってこんな生活らしいです

 

毎日の通学時間は勉強し、

学校がない時間は分厚い六法全書を図書館で借りて勉強して、

さらに時間が余った時は、スマホでスクショした用紙を眺めるっていう。

 

この生活を4年間は辛いよ!

超大変じゃん!

 

僕は2年間これと同じ生活を繰り返してました

受験で、

 

その経験から分かるけど、

あれは無理無理。

 

マジで好きなやつでないと出来ないです。

 

楽しいって言われてる大学生活を

1割息抜きで残り全部勉強に使う

 

4年間も

 

それで550万

 

いやーやばすぎでしょ。

本当に弁護士が好きなら良いんですよ

 

法律が楽しいとか

弁護したい人間がいる(そんな人いるの?)とか

それなら全然ありです

 

僕は弁護士って職業自体は否定してないです。

 

むしろ、本当の意味での

弁護士の方は尊敬してます。

 

学んだ法律の知識を使いまくって

人を救ってるんですから。

 

だけど、

「資格は儲かるんだ!」

「資格学校のCMが一杯やってるなら、稼げる」

 

お金のためだけに

弁護士になっている人もいます。

 

お金にこだわる奴は悪だ!とかじゃなくて、

「お金稼ぎなら別の方法あるだろ!」ってことです!!

 

なんで稼ぐのに

弁護士じゃないとダメなんだ!!

 

せっかくアホみたいに勉強する意欲があるのに

本人はめちゃくちゃ稼げると思ってるから

超可哀想です。

 

しっかりとデータを見たら、

全くそんなことないってのが一目で分かります

 

・弁護士数

 

・訴訟件数

 

この二つだけでも普通にわかります

 

だけど、弁護士=お金持ちって考え方だと

思考停止で弁護士の道を即決してしまいます

 

これも日本人の謎の資格信仰からくる病気です

資格がないと、稼げないんだ

資格がないと、仕事にすらならない

 

そもそも資格ってなんや?って聞かれた時に

僕はいつもこう答えてます

 

「資格ってのは料理で言うところの包丁」

「包丁をゲットしても上手い料理は作れない」

 

ようは、資格を持っていても

資格を使う行動をしないと1円も稼げない

そういうことです

 

資格の便利な所は

その分野を体系的に学ぶことができることです

 

だけどその場合は、勉強するための手段として資格を使うんであって

 

目的は資格を取ることではありません。

 

弁護士の場合、弁護士になることですら激ムズ

しかも、なるためにも膨大なお金がかかります。

 

法律系のスクールに通わないといけないし

予備校にも通って、

大学と合わせると、合計700万近くかかります

 

お金稼ぎどころか

お金がどんどんなくなっていく。

 

プログラミングのオンラインも同じで

一年で100万とかかかります。

 

それに弁護士の職業ってのは訴訟とかなんとかいいますけど、

結局は「喧嘩を助ける」職業です

 

喧嘩をしてくれる大人の代わりに

喧嘩をするだけ

 

そして喧嘩には勝たないといけない

 

だけど、不況の今の時代は、訴訟件数が大幅に減ってます

 

さらに昔の司法試験よりも今の試験のが

簡単になってしまいました。

 

その結果弁護士が超増えちゃうわけです。

 

弁護士は増加

 

なのに不況で喧嘩は減少

 

最悪以外の何者でもありません。

年収100万以下の弁護士が2割もいるのも理解できます

 

だけど、

 

テレビや雑誌などのメディアでは

「弁護士大先生」が登場します

 

それで弁護士の凄さを語られて

 

「すっげえ、弁護士って儲かるんだ!」って錯覚します

 

なんでメディアではそんな大先生しか呼ばないかというと、

視聴率を集めてお金を儲けたいからです。

 

しかも大先生を正確にいうと

凄そうな弁護士大先生です

 

凄いかどうかは実際にはどうでもよく

凄そうならなんでも良いです笑

 

また弁護士の大体は、個人事業主ですが、

稀に、大手弁護士事務所に入れる人もいます

 

これは勝ち組ルートに見えますけど、

東大、早稲田、慶應、京大の優秀な弁護士ばかりの場所に放り込まれる

 

せっかく頑張ってきたのに、

優越感すら感じさせてもらえない

 

さらに自由に仕事を選ぶことも出来ません。

仕事事態が少ないですから

 

入るのだって難しいのに、結果を出すことなんてもっと難しい。

 

だって、東大とかの中でもトップレベルがいくわけですから。しかも、やりたくもない仕事をやらされるわけです。

 

弁護士事務所に入ったら

極々一般のサラリーマンと同じです。

 

だから、資格に依存するのは超勿体無いです。

 

もちろん自由なんて程遠いです。

 

本当の自由を手に入れるために

ここまで散々プログラミングはお金稼ぎには向いていない

 

資格は稼げないとか言いまくりました

 

じゃあ、何をすればいいのか?

お金の勉強です!

 

正確にはマーケティングと仕組みです

 

人がどういう時にお金を払ってくれるのか

人が心を動かすのはどういう時なのか

 

これがマーケティングで

 

仕組み化ってのは簡単にいうと

自動化です

 

ちなみに

資格やプログラミングで儲けてる人は

マーケティングや仕組みを死ぬほど学んでます

 

ホントエグいですよ。オンラインのプログラミングコースとか超高いですし。

 

プログラミングの教材を作るために勉強するとかなら、お金を稼ぐって目的だったらありです

 

資格で儲けるってよりは、

資格の取り方を売って儲ける感じです。

 

そのためにプログラミングや資格を学ぶ

もちろん仕組みやマーケティングを学んだ後にです。

 

それがお金持ちになるための方法ですね。

 

プログラミングできても資格できても

仕事がない人いっぱいいますから。

 

そういう人をマーケティングや仕組み化で

プロデュースするのも面白そうですね。

 

 
 

有料企画に無料でご招待中

どうも、タロです。
 
僕は17歳の時にビジネスの世界に飛び込み。
自動で5桁の収益を出してます。
 
これから月20万、30万と稼げる目星がつきました。
 
ですが、僕は元々才能あったわけでないですし、
うつ病で学校すら行けませんでした
 
せっかく偏差値67の高校に行くために努力したのに
卒業できません。(単位が足りなくなった)
 
そういった状況からネットビジネスを始め、真剣に取り組んだところ
今まで知らなかったことや出来なかったことに
挑戦できるようになりました。
 
ビジネスを勉強する中で色々なことを学びました。
 
仕組み化についての方法や
思考を鍛える方法
生産性を上げる方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出し方
マインドの鍛え方
アニメから何を学べばいいのか?
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれなかった大切な事を
ビジネスの中で知ることができました。
 
 
僕のこの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境は選べなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういったできる人が増えていったら、
希少性のある人間が増えて
便利なサービスや価値もどんどん増えて
僕自身が面白い体験をできるのでは?と思います
 
こういった経緯から、
僕が0からどうやって今の状態までこれたのか?
 
そのことについて学んだことを発信していくメルマガを発行しました
 
 
 
 
 

特典のビジネス講義では専用のサイトにご案内させていただきます。

 

【下記画像をクリックして、月5桁自動化したタロのプロフィールが読めます】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

どうもタロです。 進学校に通う高校生が勉強を頑張りすぎてうつになり、高校を中退 「頑張りすぎるのではなく、楽しみながら生きていく」という方針に変えた。理想の生活を手にいれるためのお金の稼ぎ方を紹介してます。